お金09 車は事故でも中の乗員を守るためにさまざまな安全対策が行われています。しかし、車によってはさらに補強が加えられることがあります。市販車でよく行われるのがタワーバーと呼ばれる追加の棒状のパーツです。特にエンジンルームに付けられることが多くあります。このパーツは市販車でも取り付けられていますが、車がコーナーに侵入した際に車のよじれを防ぐ役割をします。通常走行ではほぼ意味がないのですが、サーキットや曲がりがきつい高速道路などでは威力を発揮しまお金10す。すぽーつかーなどでは標準搭載されていることも多いです。このパーツをさらに性能アップしたのがロールバーです。市販車ではサーキットや一部の走行競技で利用されます。車内に鉄でできた棒状のパーツで囲います。横転や事故の際、乗員保護が目的ですが、車の剛性を上げてコーナーでの安定性を高めるのにも寄与します。ただい、ロールバーは車検が通らない場合も多く、一般車ではほとんど利用されません。また、走行競技で利用する場合には乗車定員を2名などに減らして後部座席をとっぱらいさらにパーツの数を増やして設置することもあります。乗車定員を変更した場合は改造車として車検を取ることができますが、費用がかかり、また、普通の任意保険には入れないことが多いようです